« 内山峠旧道・妙義荒船林道 | トップページ | 三国街道 »

2016年8月14日 (日)

坤六峠・奥鬼怒林道

8月の休暇、一泊で訪ねました。日帰りの行程のレポートも多い中、私はちと無理です。たまに余裕のあるツーリングにしたいので、片品温泉に宿を予約していました。

余裕といいつつ、押せ押せになる気がして、早朝、箱根ヶ崎まで自走。八高線の始発に乗りました。前回の内山峠と同じパターンです。約1ヶ月経って日の出が遅くなり、箱根ヶ崎駅に着いたときはまだ真っ暗でした。

IMG_0968

下車駅は上越線・湯桧曽駅。電車は高崎から登山客で満員でした。山の日のせいか。輪行袋も複数。でも、湯桧曽で降りたのは私だけで、トイレも独占してまずますのスタートです。

IMG_0987

群馬県道63号を西へ。利根川源流の谷を上ります。

IMG_0980

藤原湖付近は北側をショートカットするルートがありますが、ちょっとした峠越えになるようなのでそちらは通らず、藤原湖沿いに県道をそのまま進みました。ところが、県道もなかなかの険しさ。

IMG_0994

途中かなり端折りますが、坤六峠到着は14時半ころ。後ろを見る余裕がなかったせいかもしれませんが、眺望がいい感じではありませんでした。峠も木立に囲まれていて、ただの通過点という印象。ここは早く片品に下ってくつろぐこととします。

IMG_1001

宿は16時過ぎにチェックインできました。自転車で来たと告げると、外だと心配だろうからと、倉庫へ案内してくれました。ありがたいです。

IMG_20160811_180434

早めに温泉につかり、食堂に向かいました。一人席。ビジネスホテルがあれば素泊まりでその辺に飲みに行きますが、ここにそういうものはありません。まあよいものです。その晩は何もすることがなく、8時過ぎに寝てしまいました。

IMG_1012

二日目。朝食が7時半からなので出発もゆっくりです。前日に周辺の店を物色したところ、行動食になるようなものは売っていませんでした。それでご飯をめガッツリ食べて8時過ぎにスタート。昨日下ってきた国道401号を上り、大清水に向かいます。予想に反して二車線のよく整備された道でした。

IMG_1017

大清水から先の状況については事前に調べていましたが、ゲートに近付くと、管理人らしき人に呼び止められました。ちょっとやり取りがあって、結局通れることになったのでほっとしました。

IMG_1020

話に聞いていたシカよけのゲートは、なぜかどこも開いたままになっていました。しかも、林道脇のネットもほとんどずり落ちています。途中、そのネットにペダルが絡まって転倒しそうになり、危うく踏みとどまりました。

IMG_1031

奥鬼怒林道に入ってからはまったく人気がありませんでした。それはいいとしてクマに遭いたくないので、ベルを鳴らしながらの走行。路面はそれほど荒れていません。スーパー林道として開削されただけあって、傾斜もそこそこ。のどかな田舎道のようなところもありました。

IMG_1037

峠部分は残念ながらトンネル。銘板には「奥鬼怒トンネル/1990年10月/延長1309m」と刻まれていました。もちろん照明なしですが、直線で出口が小さく見えているのがせめてもの救い。

IMG_1041

この日に備え、強力なLEDライトを調達しました。写真はカメラの自動露出のせいではなく、見た目とほぼ同じです。このくらい明るいと暗い恐怖心は減じますが、何だか別の怖さがありました。一刻も早く出たいのは同じです。でも、栃木側に向かってやや登り傾斜なので速度が上がりません。かなり冷えます。出てから温度計を見ると16℃でした。

IMG_1051

トンネルを抜けるといきなり下りです。群馬側に比べて展望も開けました。すさまじい振動に堪えながらひたすら下りていきます。

IMG_1054

栃木側初めての建物。奥日光四湯の一つ、加仁湯です。

IMG_1055

加仁湯付近の橋。見えにくいですが、橋の先にゲートがあって閉じています。奥鬼怒林道の通行制限区間のうち、ここまでが本当にクルマの進入を止めている区間のようです。さて、自転車はいかに。ゲートの脇の隙間を抜けました。

IMG_1059

ゲートを出ると、未舗装は同じですが急に道幅が増して路面も滑らかになりました。一般車は通行止めでも、温泉の送迎バスやタクシーが通っています。実際、加仁湯のマイクロバスが盛大に土煙を上げて追い越していきました。

IMG_0962

女夫淵温泉のゲート。ここを出ると広い駐車場があって、車がたくさん止まっていました。群馬側の大清水に相当するポイントでしょう。終点の奥鬼怒温泉までまだ50km近くありますが、ここでダートの振動から解放されました。

IMG_1068

鬼怒川も利根川同様、水源開発が進み、いくつものダム湖が連なります。写真は川俣湖。山肌が顕わになっていて驚きました。群馬側でも思いましたが、ダムの水は少なくても、川はちゃんと流れています。渓流の音を聞きながら、いくつもの小さな滝を見ながら、道を進みました。

IMG_1073

瀬戸合峡。川俣ダム下流の旧道からの眺めです。

IMG_1083

道は段階的に高度を下げ、ここは川治ダムからの下り。はるか下に野岩鉄道の橋が見えます。

IMG_0964

鬼怒川温泉駅には、予定より少し早く、17時に到着しました。

|

« 内山峠旧道・妙義荒船林道 | トップページ | 三国街道 »

ランドナー」カテゴリの記事

コメント

いま、大子からの車中で記事を拝見しています。大清水のやりとりを経て奥鬼怒林道が通行できることがわかり、たいへん参考になりました。機会見つけて、熊鈴持参して出かけたいと思いました。

投稿: ぱぱろう | 2016年8月14日 (日) 19時49分

私は2014年のぱぱろうさんの投稿をたいへん参考にさせていただきました。秋の方がよいですね。大清水ゲートのやり取りは実のところすっきりしませんでした。一般車両は通行止めだが、林道は管轄外だから関わらない、ということと理解しました。通行許可証が出るとよいですね。路面は草が茂ったりガレているところもありましたが、新しいタイヤの跡を見たので車の通行も可能なくらいなんのだと思います。次は山王林道を通ってみたいと思います。

投稿: Merten | 2016年8月15日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517229/64059073

この記事へのトラックバック一覧です: 坤六峠・奥鬼怒林道:

« 内山峠旧道・妙義荒船林道 | トップページ | 三国街道 »