« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月19日 (火)

内山峠旧道・妙義荒船林道

三連休初日、天候を気にしつつ行ってきました。下仁田にできるだけ早く、安く着きたいので、八高線箱根ヶ崎まで約12km自走。家を出たのは3時40分で真っ暗です。5時8分の始発に余裕で乗れました。

 

実測だとGPSの誤差のためか、距離はやや長めで、獲得票高は大幅に大きく記録されます。実際の獲得票高は上りが1400mくらいのようです。

IMG_20160716_052834

高麗川で気動車に乗り換え。さすがにガラガラで輪行袋をここに置いても問題なし。高崎は乗り換えに少し余裕があったので、上信電鉄ホーム入口のそば屋でかけそばを一杯。いいタイミングの朝食です。

IMG_0801

下仁田駅着は8時15分。途中、車窓から傘を差している人を見ましたが、ここは降っていません。天気予報も回復傾向を示しています。

IMG_20160716_081856

今日はランドナーではなく、パスハン風に改装した古い車体。最近もパーツをいくつか換えたので、試走の意味もあります。

IMG_0806

国道254号を西に向かいました。流れは鏑川。緩く上っていきます。

IMG_0811

今回の目的の一つは、内山峠の旧道をたどることです。まず、本宿を抜ける旧道に入りました。ここは2年前、軽井沢から和美峠経由で下って通りました。旅籠の古い建物が街道の両側に続きます。

IMG_0822

旧道の旅は順調に進むかと思いきや、東平集落の先で通せんぼ。すぐ手前に新道(国道254号)に上がる道があったので、やむなくそちらへ進みました。

IMG_0824

国道のこの区間は長いトンネルが3本もあることを事前に地図で見ていました。旧道ならそれを全部パスできたのです。早く通過すべくペダルを踏みました。大型車が頻繁に追い越していきます。トンネルは幸いなことに幅1mくらいの歩道がありました。迷わず歩道走行です。

IMG_0828

再び旧道出現。国道をはさんで反対側に、旧道の痕跡がありました。すっかり草木に覆われていますが、かなりの傾斜で続いています。

IMG_0835

ここから先の旧道はつづら折れの連続です。新道はある程度標高を稼いだところでトンネルを使って一気に佐久側に抜けるのに対し、旧道は峠とは別方向の北に向かってどんどん上がっていきます。

かつてはここをすべての車両が通ったわけで、交通の難所であったことはいろいろに書かれています。でも想像に反して、路面やガードレールなどの設備がよく整備されていて、傾斜以外のストレスを感じない道でした。荒船風穴が世界遺産になった効果でしょうか。

IMG_0844

13時半、神津牧場到着。内山峠旧道といいつつ、内山峠には行かず、妙義荒船林道で軽井沢に向かう計画です。旧道を上がる途中からガスが出てきて、こんな具合。気温は20℃を割ってかなり涼しいです。

IMG_0842

牛の行進。人に引かれるでもなく、何十頭も整然と移動していきます。が。彼らが通ったあと、路面は糞だらけに。タイヤのブロックの間にもさんざん入り込みました。

IMG_0846

どこから妙義荒船林道に入ったのか分かりませんが、それらしい道を進みます。途中、沢から路面にずっと水が流れているところがあり、タイヤがきれいになりました。視界はますます悪化。雨でないだけ幸いです。

IMG_0856

中軽井沢への下り。妙義荒船林道のピークを越えて軽井沢に入ると、急に霧が晴れました。それでも浅間や北の山々は見えません。

IMG_0857

軽井沢駅、16時15分。中軽からここまでの国道18号はトブ板走行になるほど混んでいました。旧軽で一服しようなどと思っていましたが、そんな余裕はありません。高速も新幹線も通って、すっかりお手軽になってしまった軽井沢。ここから新幹線で帰るのは芸がないので、やはり横川まで下ります。

IMG_0859

碓氷峠。標高960m。軽井沢駅の標高が約940mでほとんど平らなのに対し、横川駅との標高差は573m。「片峠」の代表と思います。険しい峠道のイメージを昔から持っていましたが、実はそうでもありません。横川駅までの距離は約14.5kmですから平均斜度は約4%。

2年前の夏に横川から上がってそれは実感しています。下りも予想通り快適でした。カーブ以外、ほとんぼブレーキは不要。路面は路肩まで滑らかに整備されているし、何より交通量が少ないのがよいです。

IMG_0869

列車の時間が気になりましたが、ここはやはり撮影。

IMG_0871

18時8分発の高崎行きに、十分間に合いました。

IMG_20160716_191451

高崎は19時15分発の湘南新宿ライン国府津行きに乗車。ここでグリーン車に乗らない手はありません。今回の行程で唯一まったりできる時間ですから。

普通グリーン車はどこも狭いので輪行袋の置き場に悩みます。最後尾座席の後ろは入りますが、背もたれを倒すとぶつかる上、2席分占めるので、混んでくると気が気でありません。デッキも狭いですが、1台なら問題なさそうなので、最近はデッキに置いています。

最寄り駅からはアルコールが入っていることを理由にタクシーに。輪行袋は後部座席にそのまま入ります。帰宅は10時過ぎ。長い一日でした。軽井沢で一泊くらいしたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

一ノ瀬高原・柳沢峠

先週末、3週間ぶりに出動しました。この方面、自転車では初めてです。

予報に反して出がけは細かい雨が舞っていましたが、奥多摩駅に到着した7時前には雨の気配はなく、次第に天気が良くなってきました。

IMG_0658

始発で出てこの時間に到着するのは秩父鉄道の三峰口と同じくらいですが、こちらはだいぶ開けています。駅周辺にコンビニもあるし、バスを待つ登山客もたくさんいました。

IMG_20160702_084427

まずは奥多摩湖へ。水量は豊富なようです。利根川水系で10%の取水制限が始まって水不足が心配されていますが、一方で、東京は多摩川からの供給がたっぷりあるから大丈夫だという話も聞きました。晴れ間が現れ、けっこう暑いです。

IMG_0667

ダム湖が終わってもしばらくは傾斜は緩いまま。国道411号は集落よりかなり上を通っています。奥秩父で高いところにある集落を見慣れているせいか、こういう谷底の集落は印象的でした。

IMG_0672

丹波山村。入口に山梨県の標識があってびっくりしました。峠が都県境だと勝手に思い込んでいた訳ですが、何ともお恥ずかしい限りです。

IMG_0677

丹波山村の中心部を過ぎると、本格的な上りに入りました。この道、30年以上前にクルマで通っています。曲折を繰り返し、行けども行けども谷から抜け出せない印象が今も残っていますが、だいぶ様子が違いました。何本もの橋とトンネルで矯正され、旧道は土砂で埋められています。自転車には辛い道になったかもしれません。

IMG_0701

林道一ノ瀬線。Pさんの報告を拝見し、コースに含めました。峠越えの道ではなく、一ノ瀬高原を巡ってまた国道411号に戻る形になります。まっすぐ柳沢峠に向かえば距離も短く獲得票高も小さくて済みますが、国道ばかりでは芸がありません。実際、こういう道が一番落ち着きます。

IMG_0706

とはいえ、一ノ瀬線起点の標高が約900m、最高地点まで400m以上の上りです。例によって左膝の外側が痛み始め、何度も停止。折よく林道から沢にすぐ下りられる場所に至り、頭と膝を冷却できました。

IMG_0714

シカに遭遇。100mくらい離れていたでしょうか。カメラを構える間はありました。直後、ガードケーブルを飛び越えて急斜面を駆け下りていきました。クマじゃなくてよかった。

IMG_0721

一ノ瀬高原は標高1000~1300mくらいのところに、キャンプ場や別荘が点在しています。一般の民家と思われる建物もありました。将監峠や笠取山などの登山口があり、ハイカーが集団で行き来していました。奥秩父山塊の南側にあたる訳ですが、秩父側と違ってずいぶんのどかな印象です。

IMG_0729

国道411号に復帰したのは14時半ころ。柳沢峠までまた上りです。あと約350m。もちろん標高差です。こうなってくると水平距離は頭にありません。膝の痛みに耐えかね、何度も停止。押して歩いていると、「こんにちは」と女性ローディが追い越していきました。休憩のふりしている方が格好悪くないですね。

IMG_0740

15時40分、柳沢峠到達。さすが、交通量の多い国道の峠だけあって、立派な茶屋があります。この写真を撮る前、バイクの一団がここを占めていました。

IMG_0735

甲府盆地側の眺めはすばらしいです。風も心地よい。上ってくる途中にあった気温表示は24℃でした。

IMG_20160702_162258

下りは少し恐ろしい感じです。新しい橋とトンネルが次々に現れます。7%とか8.5%とかの標識をいくつも見かけました。

IMG_0748

旧道はやはり概ねつぶされていましたが、一部、現役と思われるところも。新しい道は傾斜や曲折が緩和されたのでしょうが、ここを塩山から上るのは嫌です。

IMG_0749

でも眺望は楽しめました。奥多摩側の深い谷に対して、こちらは甲府盆地に一気に駆け下る感じです。塩山駅の標高が410mなので、1000m以上のダウンヒルでした。

IMG_0753

裂石で国道を離れ、県道201号へ。重川の左岸を国道411号と並行していますが、ここもずっと下りです。塩山駅までほとんどブレーキだけで済みました。

IMG_0760

塩山駅到着は17時半。かなり暑いです。

IMG_20160702_181353

駅弁でも買って夕飯にしようと思いましたが、案の定、そういうものはありません。駅前の土産物店とキオスクでかろうじてつまみを調達。もちろん土産も買いましたが。

IMG_0762

19時11分発のかいじ122号を予約していました。この路線は「えきねっとトクだ値」の35%引きが直前まで手に入ります。新宿経由で帰宅しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »