« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月17日 (火)

釜伏峠

週末に実家に行くことが多くなり、どうせ行くなら自転車に乗ろうという訳で、ちまちまと短いサイクリングをやっています。今回は小川まで輪行し、釜伏峠を越えました。

以前も引用しましたが、『秩父の峠』(大久根茂著/さきたま双書/1988)に、釜伏峠について次の一節があります。

「現在、秩父鉄道も国道一四〇号も、寄居から奥は荒川と並行して走っている。しかし、(中略)波久礼・野上間の地形は、山が荒川めがけて落ち込んでおり、かつてここが交通の難所だったことは容易に想像できる。その上、蛇行する荒川に沿った道は、峠越えに比べると大きく迂回することになる。   
こうしたことから、人も馬も多くは釜伏峠越えの道を選び、峠は日々にぎわいをみせていた。」

ルートラボにはGPSの実測データを載せましたが、標高データは誤差が大きくて、獲得票高は実際よりだいぶ多くなっているようです。いつもながらのスローペースでした。

IMG_20160514_084651西武新宿線・航空公園駅で解体。ランドナーじゃありません。新車が来たあと、古いランドナーは改装してこの姿になりました。パスハンター風のつもりです。泥よけがない(外さなくていい)とかなり楽です。

DSC05095西武新宿線・本川越駅西口。今年2月、ついにここから出入りできるようになりました。東武東上線・川越市駅まで、いままで800mあったのが半分の400mに。400mなら輪行袋のまま歩けるかも、と思って初めてやってみました。どうにか休まず到達。ここで乗り換えられると、東上線の輪行が楽になります。

IMG_20160514_093325 川越市駅。小川町駅まで行きます。いい天気です。

DSC05101 小川町駅から走行開始。県道11号で東秩父村方面に向かいます。腰越というところに古い時計台がありました。

IMG_20160514_114546東秩父村和紙の里。2014年にユネスコ無形文化遺産に登録された「細川紙」の生産施設です。内部の撮影は禁止だそうで、外観だけ。駐車場を工事中で、警備の人に「どこから」と聞かれて「所沢からですよ」と答えたら仰天していました。小川まで輪行してきたということは関係ないようです。

DSC05112 東秩父村・大内沢集落。県道を離れて登ってきました。東秩父村は埼玉県に残されたただ一つの村。名前に反して外秩父山地の関東平野側にあります。大内沢集落も小川や寄居に下る方が楽な気がしますが、それは現代の考えであって、『秩父の峠』にあるように、峠越えで秩父と行き来することが自然であったのでしょう。

DSC05113 集落内を登り切ると、林道上ノ貝戸線に入りました。傾斜が増して10%越えに。

DSC05119 尾根まであと少し。きついです。

DSC05120 登り切ったところで県道361号に合流。標高約610mで、ここが本日の最高点です。自転車の左の斜面は登谷山への登山道のようです。ハイキングの人たちも移動で県道や林道を使うので、歩行者に注意せよとの標識が各所にありました。

DSC05123 県道361号は尾根を通って釜伏峠に下ります。峠自体の写真は撮り忘れました。峠には釜山神社の参道口があります。本殿まで行ってみました。ここからさらに北に登ると、釜伏山の頂上に至るようです。

DSC05125釜伏峠の標高は540m。県道はそこから皆野方面に下っていきますが、そちらへは行かず、風布方面に分岐する道に入りました。たいへん眺めがよいです。秩父盆地側が見えました。

DSC05126 見えているのは盆地の西、上武山地の山々。もしかしたら、左のピークは城嶺山、右の二つのコブは東御荷鉾山と西御荷鉾山では・・・。

123 帰ってから「カシミール3D」で調べると、だいたい合ってました。

IMG_20160514_135438 風布から波久礼への下りはまた急坂です。途中にある「日本水」。実際の水場はずっと上の方で、ここへ引いてきているそうです。ペットボトル一杯分の水を汲みました。以前来たときもそうだったのですが、車にポリタンクをいくつも積んで構えている人たちがいます。何となくあさましく思いました。

DSC05128 波久礼で荒川を渡り、再び少し登って円良田湖へ。ここを越えると実家まであと少しです。

DSC05135美里町の横関酒造。 ルートの途中なので寄ってみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

御荷鉾スーパー林道

連休の一日、行って来ました。今回は写真のキャプションを書くスタイルで報告したいと思います。

IMG_0315神川町北部。日の出直後で、これから向かう御荷鉾山塊の稜線が次第にはっきりしてきました。

IMG_0316八高線丹荘駅。始発前で人気はありません。トイレを借りました。

IMG_20160505_055746鬼石の町から三波川の谷を登ってきたところ。ここから御荷鉾山塊の尾根に上がります。

IMG_0321ルートラボでこのあたりの登りが一番きついことを確認していました。さっそく押します。新聞配達のカブが唸りを上げて追い越していきました。

IMG_0323三波川の谷から神流川の谷に移る峠は短い隧道。今回のルートでトンネルはここだけでした。

IMG_0328どこから御荷鉾スーパー林道になったのかよくわかりません。正面に東御荷鉾山が見えてきました。その左側(南側)を進みます。

IMG_0330標高が上がると眺望が開けてきました。南側が見えています。下は神流湖のはずですが、水面は確認できませんでした。

IMG_0336投石峠。地形図では御荷鉾林道に沿っていくつもの峠が示されていますが、標識を見つけたのはここだけ。林道と尾根が一致する場所は限られているためかと思います。奥の木のあたりまで行くと、向こう側(北側)の斜面がすとんと落ちていて、本当にここが峠だと納得しました。

IMG_0337西御荷鉾山の手前(東)。採石場のようなところで見晴らしが抜群でした。オフロードバイクの先客がいましたが、気を利かして移動してくれました。ヘルメットは忘れていますが。

IMG_0341標高1000mを越えると桜がまだ咲いていました。少し冷えますが、たいへん爽やかです。

IMG_0342たぶん八ヶ岳。群馬にいながら見えるとは思っていませんでした。

IMG_0343オドケ山付近。ここまで道はずっと舗装されていました。ときおりクルマやバイクが通りますが、道路幅いっぱいに蛇行して登ってもまったく問題ありません。そういえば、今回、自転車は一台も行き会いませんでした。

IMG_0346塩沢峠付近。正面のいくつかの三角に東御荷鉾山、西御荷鉾山、オドケ山が含まれているはず。来し方を見ています。左下の道路は群馬県道46号。富岡、藤岡方面に下る道です。ここで断念して帰ることも予想していましたが、まだ行けそう。

IMG_0351県道46号との分岐点から先は未舗装となりました。ここから赤久縄山の北を抜ける区間が、本日の”ハイライト”と思います。最高地点の標高は約1460m。まだ300m以上上がらなければなりません。

IMG_0353北側の眺望も開けてきました。高崎、前橋方面の平野と赤城山や日光方面が見えているようです。

IMG_0358ピークまでの登りは何度か押し歩きになりましたが、どうにかふんばれました。路面の状態が比較的良かったのも助かりました。

IMG_0360南側の眺め。中央の白いのは富士山・・・、ですよね。

IMG_03711450m付近。この先さらに少し登って下り始めました。スタートから約50km、長い登りでした。

IMG_0375北側も大展望です。中央はたぶん浅間山。

IMG_0378平らなラインは荒船山でしょうか。

IMG_0385ギザギザは妙義山かと。実のところ、山の名前はよく分かりません。

IMG_0380下りはガレているところが多く、傾斜もきつく感じられました。下仁田側から登ってきたら、このあたりはどうしたでしょう。

IMG_0387舗装路が現れたところで、御荷鉾林道を離れました。Wikipediaによると御荷鉾スーパー林道の総延長は67.1kmとのこと。今回走行した部分は20kmくらいしかありません。この先はどうなっているのか。再挑戦する日が来るでしょうか。

IMG_20160505_150208下仁田までの下りは大変なものでした。1300mから200mまで18kmで急降下。気温が一気に上がり、疲労感も一気に増加。列車を2本見送って、ゆっくりと帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

新緑の京柱峠・祖谷渓谷 その2

続きをなかなか書けませんでした。簡単にまとめます。

2日目、昨日夕方から降った雨が上がり、新緑がいっそう鮮やかです。あとは池田に下って輪行するだけなので、朝食を済ませてからゆっくりスタートしました。

宿付近の標高は約390m、阿波池田駅の標高が115m、距離は30km弱で途中やや登ることころもありましたが、概ね緩い下りです。漠然とのどかな風景を想像していたのですが、全然違いました。祖谷川の谷はほんとうに深く険しい。道路から谷底をのぞくと吸い込まれそうです。

IMG_0286

IMG_0288

有名な小便小僧。ガードレールの外側に突き出た岩の上にありました。川からの高さは200mだそうです。道路もほぼその高さを通っているわけで、現代の土木技術なくしてこの谷の通行は不可能と実感しました。

IMG_0291

IMG_0295

永遠に谷から抜け出せないような錯覚に陥りつつ、唐突に吉野川との合流点に至りました。吉野川が穏やかで大きく感じられます。そのまま右岸の旧道を通って阿波池田駅へ。土讃線の特急に乗り、高知駅で解散となりました。

IMG_0299

IMG_0300

私はさらに高知空港に移動して羽田行き最終便に搭乗。飛行機の輪行は初めてです。輪行袋は手荷物で預けますが、扱いはとても丁寧でした。羽田の受け取りはカートで運んで来てくれます。空港から最寄り駅までは直通バスで輪行。これも初めてでしたが、車体はとりあえず無事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »