« 土坂峠・林道上武秩父線 | トップページ | 新緑の京柱峠・祖谷渓谷 その2 »

2016年4月26日 (火)

新緑の京柱峠・祖谷渓谷 その1

いつもは単独で超マイペースで出かけていますが、近年、古い友人たちとツーリングを計画する楽しみが加わりました。今回は四国。高知・徳島県境の京柱峠を越え、祖谷川の谷をのんびり走る予定です。集合場所は京柱峠の登り口にあたる土讃線豊永駅。私は特急の停車駅である大歩危駅で下車し、12kmほど吉野川沿いに緩く登って豊永駅に至りました。

四国まではもちろん輪行です。まず前日早朝に東京駅まで輪行。丸の内北口にある手荷物預かり所に車体を預けて出勤しました。東京駅から新幹線で輪行するとき、この方法はけっこう便利なんです。料金は600円。預けるのはこれで2回目ですが、扱いは丁寧です。仕事が終わってから戻って受け取り、そのまま岡山行きののぞみに乗りました。

IMG_20160422_060058

IMG_20160422_232952

ちなみに、今回は遠出の2泊とあって、大型のサドルバッグ(CARRADICE・ネルソン)を調達。帰りはこれにお土産がたんまり入るほど余裕がありましたが、やはり大荷物です。担いで移動する場面は難儀しました。岡山到着は24時前。駅近の安宿で4時間ほど寝て始発のマリンライナー1号に乗りました。水は別として、この先食糧が手に入る見込みは薄いので、岡山駅前のコンビニでおにぎりやらパンやら買いました。

IMG_0197

IMG_0202

どこだったか、途中駅で輪行袋が増加。こうして並べるとフォーク抜きのランドーナーの方がやはり小さい。高さがないだけで、設置面の大きさは同じくらいかもしれません。瀬戸大橋を渡るころ、朝日がさしてきました。埼玉県民にとって実物の海はいつも新鮮です。しかも上から眺めながら長い距離を渡ることなどめったにありません。海面は一様ではなく実に複雑な表情を見せていました。流れがある・・・。巨大な川のようです。

IMG_0203

坂出で特急しまんと1号に乗り換えます。マリンライナーは電車ですが、しまんとは気動車。束の間、讃岐のせまい平野を通り、四国山地に分け入っていきます。ディーゼルエンジンの音と振動は嫌いじゃありません。非電化の単線は車窓の風景を見るのに最適と思います。線路は讃岐山脈を何本ものトンネルで越え、いったん下って池田で吉野川を渡り、その後は谷にへばりつくように緩く上流に向かいました。このあたりが有名な大歩危・小歩危の渓谷で、大歩危駅はそのただ中にあります。

IMG_0212

IMG_0213

IMG_0215

車体を組み立て、走り始める準備が整ったのは朝8時過ぎでした。待ち合わせ場所の豊永駅までは国道32号を行きます。ここの交通量が多いことは分かっていました。大型車が頻繁に追い抜いていきますがじっと我慢。非常に緩い登りでしんどくはありませんが、速度も上がりません。それでも、大歩危峡の景観は堪能しました。露出する岩は三波川変成帯に属する変成岩で、これだけはっきり見られるのは荒川の長瀞とここ吉野川大歩危だけだそうです。たしかに似ています。でもこちらの方がはるかに谷が深く狭いと思いました。

IMG_0218

IMG_0219

9時前、豊永駅に到着すると駅舎内で友人二人がちょうど車体を組み立て終わったところでした。駅は無人で使い放題?です。ここで自動販売機のペットボトルを買い、すぐに登坂開始となりました。本当にいきなり登り始めます。豊永駅の標高は225m、京柱峠は1123m。距離は18kmなので平均5%の傾斜ですが、楽なところはほぼありませんでした。それぞれのペースで、休み休み、思い切りゆっくり。例によって、ロードがこともなく追い抜いて行く場面が何度かありました。

IMG_0223

京柱峠を越える道は国道439号。ご存じの方も多いと思いますが、「日本三大酷道」などと言われる狭隘で険しい国道です。地元の愛称は「ヨサク」。たしかに、写真のようなところの連続で、自動車には酷でしょう。でも、これぞランドナーのためにある道。ロードに抜かれたと書きましたが、実際はクルマも自転車も交通量は非常にわずかです。実によいところでした。

IMG_0226

IMG_0229

峠到着は12時ちょっと過ぎ。直前まで見晴らしはよくありませんが、峠では一気に展望が開けます。この眺望のすばらしさが京柱峠の魅力。四国山地を越える道はどこも険しく、道路改良の進んだ現代にあって、トンネルのない峠は数えるほどしかないそうです。その意味でも貴重。峠には小さな茶屋が1軒だけあって、名物のししうどんを食べて昼としました。

IMG_0236

IMG_20160423_123503

IMG_0239

さて、下りです。道は二つ。国道439号をそのまま下るか、峠から分岐する林道京柱線を行くか。林道は興味がありましたが、ダートでさらに登ります。このあと、東祖谷の落合集落まで行き、引き返して西祖谷の宿に入る予定ですが、時間が少し気になりました。話し合った結果、林道はまたの機会として先を急ぐことに。

が。この下りが予想外の難所でした。下り初めて間もなく工事区間があって、林道を迂回せよとの指示が。その林道はほんの少し登って下りになりました。路面はコンクリート。初めは緩かったのですが、すぐに転落すると思うくらいの傾斜が始まりました。15%以上はゆうにあったと思います。ブレーキが効きません。下りなのに汗だくになって、何度か休憩し、ヨサクと再び合流したときにはへとへとになっていました。

IMG_0244

IMG_0245

国道は祖谷川の支流の谷を下り、祖谷川と合流したところで再び祖谷川沿いの登りとなり、東へ向かいます。それを数km進んだところにあるのが落合集落。谷の斜面にへばりつくように集落が形成されています。その標高差は390m。観光案内にあるようにまさに「天空の集落」です。

でも、私はそれほど期待していませんでした。たいしたことないというのではなく、同じような景観の集落をあちこちで見ていたからです。池田で吉野川の谷に入ったところから、谷の両側の高いところまで人家と畑があるのに気付きました。平家の落人伝説と結びつく「天空集落」。それがありふれたものに思えるところがこの地域の魅力かもしれません。

IMG_0249

IMG_0254

IMG_0253

落合集落では、長沢家住宅を見学。その縁側からの眺めが秀逸でした。ここ落合集落は、京柱峠と並び称される落合峠の登り口でもあります。当初は二日目にその落合峠を越える計画でしたが、輪行のスケジュールが厳しくなるので断念。ここもまたいつか訪ねたいと思います。

IMG_0260

IMG_0263

宿は祖谷川を下り、京柱峠からの下りとの合流点を過ぎた少し先にあります。合流点からの道は徳島県道32号。二車線のなめらから舗装で、酷道ヨサクよりよほど立派でした。宿のすぐ手前に、有名なかずら橋があります。ものは試し。渡ってみました。高いところはけっこう平気ですが、これは腰が引けました。ただ、通行料550円はいただけません。さらに周辺も巨大な駐車場と土産物店があって興ざめ。もはや秘境とは言いがたいです。

IMG_0266

IMG_0270

宿には17時前に到着。風呂で汗を流し、宴会に突入したことはいうまでもありません。

|

« 土坂峠・林道上武秩父線 | トップページ | 新緑の京柱峠・祖谷渓谷 その2 »

ランドナー」カテゴリの記事

コメント

この時期、四国に行かれるとは、うらやましい限りです。仕事終わってそのまま新幹線に乗られる場合、職場で着替えてから出かけられるのでしょうか。
祖谷は険阻な秘境イメージがありますが、そうでもないようですね。

投稿: ぱぱろう | 2016年5月 1日 (日) 08時12分

まだ続きを書けずにいますが、2日目は祖谷川の谷を吉野川との合流点まで下りました。そこは本当に谷が深く、まさに秘境でした。出発前の荷物や着替えは少し面倒ですね。職場に着替えを持って行ったり、仕事用の服や荷物は置いてきたり。それでも、車体の持ち運びがないだけ楽です。

投稿: Marten | 2016年5月 2日 (月) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517229/63540731

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の京柱峠・祖谷渓谷 その1:

« 土坂峠・林道上武秩父線 | トップページ | 新緑の京柱峠・祖谷渓谷 その2 »